出版文化社主催・神奈川県立川崎図書館協力

「東日本大震災後に出版された『社史』に学ぶ」
 社史企画展・基調講演・パネルディスカッション
お申込みはこちら

震災と津波はいかに社史に刻まれ、
経営に活かされているのか

2011年3月11日に発生した東日本大震災、そしてそれに続く津波の猛威は、いまだ私たちの記憶に新しいところです。未曾有の災害と言われながらも、当地の歴史上には何度も同様の地震と津波に襲われており、それらの記録と警告は東北・太平洋沿岸部のあちこちに残っていました。しかし、人口の拡大と経済成長のもとで、私たちはまるでそれらが無かったかのように忘れ去り、準備と対応を怠ってしまいました。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という著名な教訓を思い出さざるを得ませんでした。

弊社・出版文化社は、企業や組織の歴史を図書やデジタルデータで記録する「社史」の制作と、それを経営に活かすための資料やデータ、物品を保存、活用する「アーカイブ・サポート」を主力の事業としています。そのことから、震災と津波が、被害地域の企業や組織に、いかに記録され、伝承され、経営に活かされているか。社史を主体として資料と情報を集め、共有し、学びに役立てたいと思います。

基調講演では、被災した企業の事例をもとに事前と事後の危機対応のあり方についてご紹介いたします。また、パネルディスカッションでは、それらの記録の中から特記すべき内容を取り上げて、当時の関係者をお招きして、振り返りと今後の経営への活用について話しあっていただきます。

企画概要

【企画内容】 ①企画展
②基調講演&パネルディスカッション
【対象者】 組織のリスクマネジメント担当者、企業のCSR担当者、企業のBCP担当者、企業の社史・アーカイブ担当者、社史制作を検討中の企業担当者
【日 程】 2020(令和2)年3月11日(水)
14:30~17:00終了(受付 14:00~)
【時 間】 質疑応答も含めて150分
【場 所】 経団連会館カンファレンス
ルビールーム 503、504号室
(東京都千代田区大手町1-3-2)
【定 員】 70名程度を予定
※お申込み先着順、ご参加無料
【主 催】 株式会社出版文化社

企画内容

①企画展 震災と津波について記載された社史を100冊程度展示。
②基調講演&パネルディスカッション 1.挨拶 <5分>
主催者:出版文化社
2.基調講演<30分>
「危機を転機に変える: 東日本大震災と企業の危機対応」
講演:東京大学社会科学研究所教授・中村尚史氏
3.社史の紹介 <20分>
震災と津波について書かれた社史から、テーマに合う内容をプロジェクターで投影や朗読して紹介。
 休憩 <10分>

4.ディスカッション <65分>
テーマ「震災と津波はいかに社史に刻まれ、経営に活かされているのか」
木下繁喜氏
(岩手県大船渡の新聞社東海新報の元記者)
中村尚史氏
アクセンチュア株式会社
(世界最大級の経営コンサル会社)
株式会社橋本店
(仙台に本社のある創業140年超の建設業)

5.質疑応答 <15分>

6.まとめ <5分>

※パネルディスカッションの模様は、社史・アーカイブ総合研究所の会員のみ、録画をホームページで視聴できるようにいたします。

参加申し込み

以下のフォームにご入力いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

貴社名必須
部署・肩書必須
ご担当者名必須
ふりがな
参加人数必須
参加者名
メールアドレス必須
電話番号
備考

個人情報の取り扱いのご確認必須

個人情報

個人情報の取扱いについて

  •取得する個人情報は、お問い合わせに関するご連絡への対応に利用します。
  •取得する個人情報は法令等による場合を除いて、第三者に提供することはありません。
  •取得する個人情報の取扱いを委託することはありません。

出版文化社の個人情報保護方針はこちらです

入力内容をご確認の上、「送信」ボタンをクリックしてください。